トピックス なかま大募集

四季をまるごと体験ecoスクール第一回目の様子が、わぃWaiTV日向チャンネル122ch(ワイワイ日向)で、5/25水18:00(初回放送)から、そのあとは、20時、22時、0時の2時間おき。28土、29日に、10時、14時、18時の4時間おきに再放送されます。(5月23日)

パン作りを通して食と環境を考え、自然体験や農業体験から自然の大切さを学ぶ活動「四季をまるごと体験ecoスクール」の6期生を募集します。詳しい内容と申し込みは、こちら から。(4月19日)

《おしらせ》 森の学舎が、子どもの森の主たる事務所となりました。(平成26年5月20日)

過去のトピックス >>


なかまが増えれば、もっと多くの充実した活動ができます。あなたの持っている能力を、子どもの森の活動に使ってみませんか?

入会申込みと会費納入はこちらから

https://facebook.com/npo.kodomonomori

 
クラフト、グッズ、森の学舎の開放について 「森の学舎」へのアクセス 環境文庫
森の学舎では、体験するネイチャークラフトやカーボンオフセット・グッズを用意しています。また、森の学舎の開放もしています。   活動スケジュール
子どもの森の予定が確認できます。
 
プログラム案内 森づくり 環境プログラム
 
森の学舎 ecoスクール  協働創出市
     

他の活動&ニュース しいたけ日記 エコフェスタ
子どもの森は 環境問題について 森について
子どもたちに良質の森(環境)を残すために、地域しいては地球規模で自然環境が悪化している現在において、自分たちでできる環境を保全することの大切さを理解し、興味を持ってもらうために環境啓発の活動を実践しています。自然環境の源である森をつくり守るために、広葉樹を植樹して下草刈り等の育林作業を実施しています。また、将来環境の守り手となる次の世代に対して、森林や河川等を活用しての環境プログラムとして、ネイチャーゲーム・ドングリの苗育て・樹木観察・講演会・小学校での椎茸栽培などの体験型講習を開催して、環境問題に取組む活動を行っています。 私たちの世代は、自然環境を犠牲にして、大変快適な生活をしています。その結果、二酸化炭素に代表される温室効果ガスが大量に大気中に放出され地球温暖化が進んでいると言われています。次の世代に、悪化した自然環境を押し付けることは許されません。私たちは、現在の自然環境をできるだけ良い状態で、次の世代に引き渡す責任があります。大量生産・大量消費・大量破棄を続ければ、廃棄物は収容できなくなり、やがて資源は枯渇してしまいます。社会の仕組みを循環型に代えて、自然環境の保全と再生に汗を流して、自然環境と共存する持続可能な社会づくりをめざす必要があります。 今までは、木材の生産量が多い森が良い森であったと言われていましたが、現在は、森の持つ環境も森の価値と判断される時代となってきました。しかし、森の持ち主に環境を作ってもらい、それを無償で使うわけにはいきません。森の持ち主以外のわたしたちも、森の環境を作り守らなくてはいけません。森は、地球上に生きる人間を含むすべての生き物のものですから、何らかの形で、みんなで協力しなくてはなりません。山村・森の多い国や地域は、森を守り育てる責任、都会・森の少ない国や地域は、その手助けをする責任があります。
 MRT宮崎放送が環境問題に取り組み団体や個人を表彰する「2010年度MRT環境賞」に、子どもの森が最高賞の大賞に選ばれました。
環境プログラム 2016年度 2015年度 14、13年度 2012年度 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 05、04年
環境問題を考える講演会
森づくり 森林環境セミナー 妖精の森 GOCANの森 子どもの森1号地
地元小学校での椎茸栽培

子どもの森通信 (PDF)                  

11号(2014年6月発行)

10号(2013年6月発行)

9号(2012年7月発行)

8号(2011年6月発行)

7号(2010年5月発行)

6号(2009年6月発行)

5号(2008年5月発行)

4号(2007年5月発行)

3号(2007年4月発行)

2号(2006年6月発行)

創刊(2005年8月発行)
  13/06/30
 昆虫の多様で不思議な生態を独自の視点で撮影している昆虫写真家です。
宮崎グリーンヘルパーの会 07/06/19
 未来に美しく豊かな自然を残し育てる自然保護活動をしています。
みやざき森づくりボランティア協議会 07/01/28
 子どもの森が会員として加盟しています。
ひむかのハマグリ 06/10/04
 日向市における海辺と里山のあるべき姿の構築に取り組んでいます。

事務所/森の学舎(まなびや):宮崎県東臼杵郡門川町大字川内字イカダ場3412番地1 電話 080-2696-5180/0982-95-7800 FAX 0982-63-0009