ホーム他の活動>2016年度
          以前の他の活動はこちらから

*** 実践活動以外の話題、他のボランティア団体等と一緒に活動したり、講習会・勉強会・セミナー等への参加  ***

6月 4月
森づくりボランティア総会 平成28年度通常総会

森づくりボランティア総会 6月19日

 子どもの森が加盟して横山理事長が理事を務めている「みやざき森づくりボランティア協議会」の総会に出席しました。今年の総会は、高千穂森の会で開催され、子どもの森からは、横山理事長と横山理事が参加しました。
約20名の出席でした 現地の森づくりフィールの見学

 高千穂森の会の代表の興梠さんは、林業を営んでいます。100年が過ぎてから出荷する林業を実施しています。3000本を植林して、間伐をしながら、100年後に200本にするそうです。下草や下木が生い茂る明るい林です。きれいに整備されている杉林は、とても美しい。間伐もそこそこで50年位で皆伐して出荷する林業とは大違いです。
 昨年度の総会は、四季をまるごと体験ecoスクールの開催日と重なっていたので出席できませんでした。

平成28年度通常総会 4月29日

 子どもの森の28年度活動方針を決めるための総会を開催しました。正会員数は18人で、13人の出席者(委任表決者6人)がありました。

議案T活動方針

1.農林漁業等の産業体験や里山等の自然体験交流事業
 ・椎茸栽培
 ・春の野草を楽しむ会
2.中山間地の荒廃した里山の環境保全再生活動
 ・子どもの森1号地(平成17年度植樹地の育林作業)とGOCANの森(門川高校演習林での平成18年度植樹後の育林作業)については、苗木が下草刈りの必要がない位に育ったので現状調査とする。
 ・妖精の森(森の学舎裏の竹林)は、新たに生えてくる竹の除去を実施する。
3.地域の自然環境等を理解してもらうための啓発活動
 ・ecoスクール
 ・川を活用した自然体験交流(川をたのしく親しもう)の開催
 ・森林を活用した環境学習(木と遊ぼう!木に学ぼう!)の開催
4.市民活動の活性化に関わる企画、コーディネート事業
 ・何か携わることがあれば検討する。
5.活動の情報発信・啓発のための事業
 ・Webサイトとfacebookの運営
 ・機関紙の発行
 ・事業案内チラシの作成
6.その他目的を達成するために必要な事業
 ・ビオトープづくり
 ・活動拠点「森の学舎」の活用と整備
 ・子どもの森が加盟する団体(みやざき森づくりボランティア協議会)への主催事業への参加
7.助成について
 ・子どもゆめ基金(川をたのしく親しもう、木と遊ぼう!木に学ぼう!、春の野草を楽しむ会):330千円(確定)
 ・ふるさとの森林再生事業(妖精の森):217千円(申請中)
 ・地域貢献助成(ビオトープづくり):300千円(申請中)

議案U活動計画書

経常収益    1,320,600
事 業 費   1,072,354
管 理 費   404,364
当期正味財産増減額   -156,118
前期繰越正味財産額   1,877,154
次期繰越正味財産額   1,721,036
 

以上、承認されました。

総会

 
 総会は9時30分開始、11時00分まで行われました。以降は、野草収穫と野草のかき揚げ&餃子、天ぷらをして、お楽しみ昼食会を開催しました。

野草収穫 餃子づくり