ホーム>夏の環境プログラム(6月〜8月)

2018年7月29日 川をたのしく親しもう

ネイチャーゲームで、自然をさまざな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学びます。
詳細は、こちらから。
参加人数:子ども=18人(内小学校就学前幼児7人) 、大人=13人
スタッフ:10人(内ネイチャゲーム指導=3人)
天気:曇り→(プログラム終了後から雨)

2017年7月23日 川をたのしく親しもう

ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学びます。
詳細は、こちらから。
参加人数:子ども=14人(内小学校就学前幼児8人) 、大人=12人
スタッフ:8人
天気:晴れ

2016年7月31日 川をたのしく親しもう

ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学びます。
詳細は、こちらから。
参加人数:子ども=14人(内小学校就学前幼児4人) 、大人=12人
スタッフ:7人
協力者:はちかんシェアリングネイチャーの会、あかとんぼ
天気:快晴

2015年8月2日 川をたのしく親しもう

川をたのしく親しもうは、今回で7年目(7回目)となります。この活動は、ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学ぶ活動です。一週間前までは、台風の影響で雨も多く降っており、水量はやや多めでしたが水はきれいでした。
詳細は、こちらから。
 参加者:9家族29人(内幼児9人)
 スタッフ:7人
 天 気:晴天

2014年7月27日 川をたのしく親しもう 詳細は、こちらから

川をたのしく親しもうは、今回で6年目(6回目)となります。この活動は、ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学ぶ活動です。当日前一週間は天気が良く、水量は少なく水もきれいでした。川での活動にとっては、絶好のコンディションでした。 川での活動範囲を示すロープは前日に張りました。 

参加人数:25人
スタッフ:6人、ネイチャーゲーム・リーダー:5人
天気:晴天

2013年7月28日 川をたのしく親しもう 詳細は、こちらから

川をたのしく親しもうは、今回で5年目(5回目)となります。この活動は、ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学ぶ活動です。前々日に激しい雷雨があり川が濁り増水しましたが、当日はやや水量がありましたが、濁りもなくなり、曇り空で日差しも弱く暑くなく、川での活動にとっては、上々のコンディションでした。昨年(4回目)とは、若干内容を変えてみました。

参加人数:22人
スタッフ:7人、ネイチャーゲーム・リーダー:4人
天気:曇り(気温まあまあ)

2012年7月29日 川をたのしく親しもう 詳細は、こちらから

川をたのしく親しもうは、今回で4年目(4回目)となります。この活動は、ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学び、川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学ぶ活動です。

参加人数:27人
スタッフ:9人、ネイチャーゲーム・リーダー:4人

天気:快晴(気温高)

2011年7月31日 川をたのしく親しもう 詳細は、こちらから


参加者数:25人
スタッフ:5人、ネイチャーゲーム:4人
天気:暑い一日

2010年8月1日 川をたのしく親しもう 詳細は、こちらから

参加者数:42人
スタッフ(ネイチャーゲームリーダー含み):13人
天気:夏らしい雲あり
新聞での紹介は、こちら
から。

2009年8月8日 川をたのしく親しもう 詳細は、こちらから

この活動は、ネイチャーゲームで、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学びます。川あそびをとおして自然の豊かさを楽しみ、自然の大切さを学びます。

参加者数:20人(子供8人)
スタッフ:14人、ネイチャーゲーム・リーダー:4人
天気:なんとか雨降らず

メディアリンクス・地元ケーブルTVの取材がありました。
0982.TVでの紹介は、こちらから。
新聞での紹介は、こちらから。

2008年8月3日 デイキャンプ 詳細は、こちらから

ネイチャーゲームを通して、自然環境にふれ自然環境を考えてもらいます。そして、小枝を使った工作を通して、自然の恩恵を感じてもらいます。また、親子(3代)の交流の場としても活用してもらいました。

参加者:25人(子供15人)
スタッフ:9人、ネイチャーゲーム・リーダー:4人
天気:快晴
新聞での紹介は、こちらから。

2007年7月28日 デイキャンプ 詳細は、こちらから

門川高校演習林研修棟で、門川高校生3人先生1人が、スタッフとして参加してくれました。

ネイチャーゲーム(同じものを見つけよう):対象物をただ漠然と観察するのではなく、限られた時間の中で記憶をします。さらに、それを後で探し出すという目的を付加することで、集中して対象物を観察するようになります。また、記憶と一致した自然物を探せ出せた時の喜びは、そのまま自然物への関心に結びつきます。他のネイチャーゲームとして、ジャンケン落ち葉集め、フィールドビンゴ、音いくつ等も行いました。

昼食作り:参加者全員で、飯盒炊飯したご飯をおにぎりにし、炙り焼きソーセージ生地をカシの棒にまきつけて釜戸で焼きました。 高校生スタッフからソーセージ生地のカシ棒への巻き方の説明があり、小さな参加者もソーセージを作りました。その後、みんなで釜戸の直火で焼き上げ、おにぎりと一緒にほおばりました。

キャンプ場:門川高校演習林研修棟周辺(西門川山中)
参加者数:スタッフ等含めて19人
天気:雲ひとつ無い快晴

2006年8月12日 デイキャンプ 詳細は、こちらから

子どもたちへの環境教育の一環として、また成人には環境への啓発の場として、自然環境を遊びながら学んでもらうために、ディキャンプを実施しました。ネイチャーゲームでは、自然をさまざまな感覚や心を通じて理解し、自然と自分が一体であることを学びます。飯盒での炊飯、釜戸でのソーセージ焼き、森の工作やバームクーヘンを作る等、自然の中で非日常的な体験をしました。

キャンプ場:西門川三ヶ瀬地区(子どもの森ほだ場)
参加者数:43人(今までの環境プログラムの中で最高)

天気:今までの環境プログラムの中で最も好天
地元ケーブルTVの取材がありました